ポテチに発ガン性物質が!?思わぬところから発生した物質に食品業界は真っ青!!

スポンサーリンク

みんな大好きポテチにフラポ


ポテトチップスやフライドポテト、誰もが口にしたことのあるものでしょう。テレビを見ながらのポテチ、ドライブのお供にファストフード店のフラポ、ととても身近な食べ物として親しまれています。しかし、ここに恐るべき罠があることは、案外知られてはいないのです。

アクリルアミドって何?


アクリルアミドという物質があります。これは、紙力増強剤や水処理剤、あるいは土壌凝固剤などに使用される化学物質です。つまり人体にはもちろん有害で中枢神経麻痺を引き起こし、発がん性があることも指摘されています。

食品業界に衝撃が走る


2002年にスウェーデン食品庁とストックホルム大学がこのアクリルアミドについてある発表をしました。それは、わたしたちが普段口にしているポテトチップスやフライドポテトに、このアクリルアミドが含まれているというもの。このショッキングな発表に、食品業界は大揺れ。それ以来、この物質についての研究や食品中の濃度を低くする取り組みが進められているそうです。

なぜポテチやフラポに有害物質が


ポテチやフラポはじゃがいもを油で揚げただけのもの。工業用のアクリルアミドが入り込むわけがありません。では一体どこからこの有害物質はくるのでしょう。それは、なんとじゃがいもの中に含まれるアスパラギンというアミノ酸がアクリルアミドになるのです。アスパラギンを100度以上で加熱調理した場合に、こういう化学変化が起こってしまうのだそうです。ただ、たまに食べるくらいなら問題はありません。しかし、スーパーの買い物かごに何袋もポテチを入れているような人は、控えたほうがいいようです。

スポンサーリンク

新着記事