【松たか子もビックリ!】ディズ二ー映画「アナと雪の女王」大ヒットに隠された秘密と、「アナと雪の女王」グッズ売切れ続出の真相

スポンサーリンク

世界中で人気沸騰


matsu

松たか子が歌った日本版主題歌が世界でも人気のディズニー映画、「アナと雪の女王」。その人気は世界中で爆発し、まったく衰える気配がない。世界中で「レリゴー、レリゴー」と盛り上がっている。そんな「アナと雪の女王」の大ヒットの裏に隠された3つの秘密があった!その秘密の真相に迫ってみよう。

【秘密1】 監督の起用が・・・


jenni

「アナと雪の女王」の監督はジェニファー・リー。ディズニー映画史上初の女性監督だ。映画では女性ならではの視点で描かれたシーンが多く、これまでにない斬新さが新境地を切り拓いている。実際は彼女単独ではなくクリス・バック監督(男性)と共同でメガホンを取っており、非常に奥行きのある作品に仕上がっている。

【秘密2】あの童話が原作!


ande

もともとはアンデルセン童話の「雪の女王」が原作。しかし実際は「オリジナル作品」といえるほど原作からは離れたストーリー展開が楽しめる。

【秘密3】そしてヒロインも・・・


anayuki

性格がまるっきり異なる姉妹(アナとエルサ)の二人をヒロインに据えた、「ダブルヒロイン」もディズニー映画史上初の試み。映画を観ているうちに自然とどちらかのキャラクターに自分を重ねる人も多かったという。

グッズは完全品切れに!!!


goods

映画を楽しんだとなれば、やはり買いたいのが「グッズ」。一時期はディズニーのオンラインストアでも完全品切れ状態!映画自体だけでなく、世界中の言葉で歌われた映像も大ヒット!このダブルヒットがグッズの販売を大いに後押ししたというのが真相だ。ダブル監督、ダブルヒロインに、映画と音楽のダブルヒットとなれば、このフィーバーは間違いなく当分の間続くであろう。

最後に松たか子さんの歌声を!


何度も何度も繰り返し聴いてしまう。1日に50回くらい聴いているという方もいるそうだ。


スポンサーリンク
匿名ライター
ライター

匿名ライター

匿名ライターです。複数名おります。

新着記事


スポンサーリンク