AKB48の第3章は、はじまるのか!?

スポンサーリンク

AKB48の大組閣が話題になっております。そこでAKB48の第一章と第二章をまとめてみました。個人的な意見なので、あしからず。

第一章~絶対的エース時代~


やはり、第一章といえばこの人でしょう。
「前田敦子」。
絶対的エースと呼ばれ、ほぼすべての曲でセンターを務めあげました。一期生としてAKBに入り、そのころからセンターを務めていました。
ストイックな性格ゆえ、叩かれる事も多くありました。
しかし、誰もが一目を置いてしまう存在感で「AKB=前田敦子」という方式が成り立つほどでした。
卒業発表、卒業公演は社会現象にまでなりました。

第二章~エース探しの時代~


絶対的エース「前田敦子」卒業後、センターが曲によって変わるようになりました。
誰もが次のセンターは大島優子と思っていましたが、新世代の渡辺麻友や松井樹里奈が急上昇。
今まで、前田敦子の影に隠れていた若い世代が、卒業をきっかけに頭角を現してきました。
その反面、絶対的エースとまで言わしめるまでにはいかないのが現状かと思います。

第三章・・・?


大島優子が卒業発表。そして、公式ライバルである「乃木坂46」を巻き込んでの大組閣。これは第三章のはじまりがやってくる予感がします。
第一章は絶対的エースの存在、第二章はエースを育てる、第三章はメンバー全員の力の底上げといったところでしょうか。
女の子の集団なので、グループ感の移動、兼任は大変な事。ひとたび、争いがおきれば収集がつかないことも・・・。
これが吉と出るか凶と出るか、見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク
匿名ライター
ライター

匿名ライター

匿名ライターです。複数名おります。

新着記事


スポンサーリンク