パズドラの比類なき魅力の本質に迫る

スポンサーリンク

パズドラって何?


パズドラ

 パズドラは、スマートフォンやアイフォンなどのスマートフォンでプレイできるゲームアプリです。
 どういうゲームかと簡単に説明するのならば、テトリスやぷよぷよなどの系譜であるパズルゲームです。いわゆる三つ並べといわれる種類の亜種で、6×5マスに並べられた六種類のパズルブロックを三つ以上並べて消すゲームです。
 パズルブロックを繋げてポイントを積み重ねていく……という種類のゲームではありません。パズルブロックを消すと、消した色に対応する味方のモンスターが敵のモンスターに攻撃します。敵のモンスターのHPがゼロになると、勝利です。
 パズルゲームを土台にしながらも、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーといった作品のRPG要素が含まれています。まず、自分の手駒から味方のモンスターを五体選びます。その五体に、助っ人のモンスターを加えた六体のモンスターでダンジョンに向かいます。
 ダンジョンは、多くが五階層から十階層で構成されており、それぞれの階層に一体から五体程度のモンスターが現れます。敵味方、共に五種類の属性が用意されており、消したパズルブロックの種類に対応した属性のモンスターが攻撃をします。
 敵ももちろん攻撃してきます。こちらがパズルを消す度に攻撃する敵もいれば、二回パズルを消すごとに攻撃する敵、五回以上消さなければ攻撃してこない敵など、様々な敵がいますが、頻繁に攻撃してくる敵は攻撃力が弱く、数ターンしなければ攻撃してこないような敵は、攻撃力が高いです。
 攻撃されるたびにこちらのHPは減っていき、HPがゼロになると敗北です。もちろん、HPを回復する手段もあります。六種類のパズルブロックの最後の一種類は回復ブロックで、それを消すとHPが回復します。
 簡単に言ってしまえば、モンスターを集めて、そのモンスターを使ってダンジョンを攻略して行き、ダンジョンをクリアしていくゲームです。多彩なダンジョンをクリアするのが大きな目的ですが、エンディングは用意されていません。

実際に、面白いの?


 さて、ここまで読んで頂いたわけですが、おそらくこれで『おおっ、楽しそう』と思われた方はそれほどいないのではないのかと思います。ですが、日本でわずか二年弱のうちに二千万回ダウンロードされ、社会現象になるほど大ヒットしている事実があります。それは、はたしてなぜでしょう? 私の体感をまじえながら、話したいと思います。
 私が、はじめてパズドラに触れたのは今年、2013年の春が終わる頃です。時期的には五月から六月ですね。実はスマートフォンをはじめて買ったのもその時期で、パズドラを知った経緯は、一緒に暮らしていた甥に薦められたからです。
 結果として、私がスマートフォンを触っている時間=パズドラをやっている時間と言っても過言ではなくなりました。とにかく、面白いのです。そう、プレイしなければわからない中毒性があります。
 初めは、ダンジョンも簡単ですからどんどん進めます。慣れない手つきで恐る恐るパズルを消しながら、敵のモンスターをバンバンやっつけていけるのです。ダンジョンの最後にはボスモンスターが控えているのですが、それを多少苦戦しながらも倒すと、道中の途中で倒したモンスターが手に入ります。自分のモンスターを強くするには、いらないモンスターを吸収させる必要があるのですが、そうやってモンスターを強くすると、いままでクリアするのが難しかったダンジョンもクリアできるようになります。
 難関なダンジョンに挑戦し、それをクリアしていき、挑戦し、クリアしていき。
 しばらくは、とても順調なのですが、中盤あたりから雲行きが怪しくなります。それまでは、挑戦すればストレートでクリア出来ていたダンジョンですが、次第に勝ったり負けたりを繰り返すようになります。ダンジョンに挑戦する為にはポイントが必要で、ポイントはレベルアップで増加し、時間経過と共に回復するものの、基本的に何度も無制限に挑戦できるわけではありません。なので、こちらとしては確実に勝利したいわけですが、中盤以降になると、敵の攻撃も激しくなるので、安定した勝利が難しくなります。もちろん、モンスターを強くしたり、パズルの腕を磨いたり、いろいろ努力するのですが、それでもやはり、クリアは難しくなっていきます。
 そこで、気付きます。魔法石という存在に。
 この魔法石は、ダンジョンをある程度クリアしたり、運営会社からプレゼントされたりして増えていきます。
 五つ使うと、とても貴重なモンスターが手に入ります。これは、通常のダンジョンでは手に入らないモンスターで、今まで使っていたモンスターよりはるかに強いです。今度は、そのモンスターを使って、ダンジョンに挑戦します。すると、今まで苦戦して、負け続けていたダンジョンがクリアできるわけです。
 毎回のように、ボコボコにされていたボスモンスター、攻撃してもぜんぜんヒットポイントは減らず、逆に相手の攻撃でこちらは死にかけます。もちろん、そんなボスモンスターの猛攻にこちらもあせり、指はすべり、パズルも上手く消せなくなります。そして、最後には手がすべり、回復ブロックを消しそこなってしまい、とどめの一撃が容赦なく突き刺さります。そんな事を繰り返すうちに、長年の宿敵のような憎憎しさを感じるようになったボスモンスター。そこに舞い降りる強力な味方。その力は強大で、今まで全然減らなかったボスモンスターのライフバーはまるで決壊したダムのように急激に減り始め、最後の一撃を見舞った時、その開放感は本当に言葉に出来ません。そしてなんと、難敵であるボスモンスターを倒すと、そのボスモンスターが仲間になるのです。今まで苦戦して、毎回辛酸を味わってきたボスモンスター、それが今、こちらの強力な味方になるのです。味方モンスターを蹂躙してきたあの爪、あの牙、そしてその雄大さと雄雄しさ、そして時には愛らしさ。そういった脅威が、今度はこちらのものになるわけです。(ちなみに、ボスモンスターが仲間になるのは、攻略に時間等、大きな制限が掛かる特別なダンジョンだけです。攻略に制限がかからない一般ダンジョンでは仲間になりません)
 更に、モンスターを育てていくと、なんと新しくて強大なモンスターにパワーアップします。そうすると、今までよりもはるかな強さを手に入れます。そして、新しい技なども取得し、今までクリアできなかったダンジョンがクリアできるわけです。

 ダンジョンをクリアするだけのゲーム? とんでもない。確かに大筋はそうですが、それだけではありません。約1000種類の膨大なモンスターをコンプリートすることなど、どれだけ頑張っても出来ませんし、クリアする度に、試練のように繰り出されるダンジョンは、一ヶ月や二ヶ月で極める事はできません。無限の時間と手間、そして時には資金を費やしてのみ手に入る最強のモンスターを数多く集め、そのモンスターを徹底的に強くし、ダンジョンを攻略する為の綿密な戦略を練り、そして厳しい攻略制限のかかるダンジョンに突入します。難しいダンジョンは、新参者では挑戦権すら与えられません。数多くのダンジョンをクリアした者だけが、膨大なポイントと引き換えに挑戦権を与えられます。もちろん、挑戦権は中堅でも一度や二度、最古参のベテランでも片手で数えられるほどしか与えられません。そうした、数少ない挑戦権を行使し、挑戦したダンジョンはしかし難しく、わずか一層で敗北する事もおかしなことではありません。
 最古参のプレイヤーの攻撃が、手馴れた腕で大量のパズルを消せば五万や十万のダメージが与えられますが、敵の体力は100万を軽々越す始末。オマケに、こちらのHPはどう頑張っても1万から2万なのに対し、敵は平気で5万や10万のダメージを与えてくるので、油断せずとも一瞬で敗北してしまいます。普通に考えればクリアできない。そうした不可能を、強いモンスターや綿密な戦略、そして一流のプレイヤースキルで打破した時、無理と思われたダンジョンをクリアする事ができ、その栄誉として、ようやく神話で語られるような伝説のモンスターを手に入れられるのです。

海外での状況は?


 もしかしたら、私の体験談を聞いてぜひプレイしたくなった方もいるかもしれません。
 さて、そこで海外の方が気になるのは、言語の問題でしょう。
 実は、パズドラは英語版も用意されております。この記事を書いている現在、日本語版と英語版がリリースされていますが残念ながら他言語はリリースされていません。
 韓国や英語圏のappStoreでも上位なので、もしかしたら海外での認知度も高いのかもしれませんね。なので、2014年には多言語化が進むかもしれません。日本でも、パズドラが海外に進出しようとする話は浮上していますから。
 英語圏の方は英語版のダウンロードをおすすめしますが、私個人としては日本語でも問題ないと思います。使われている言葉がそれほど難しくないからです。正確には、単語の意味自体は簡単なものから難解なものまで幅広くあるのですが、使われている文法がシンプルなので解り易いです。文学書籍のような凝った言い回しはありません。マジックザギャザリングや遊戯王など、多言語で翻訳されているようなカードゲームをプレイされている方は感覚的に解りやすいかもしれません。文章や単語がある程度固定されるので、感覚的に捕らえられる部分が大きいです。
 今、もしかしたらプレイするかどうか悩まれているかもしれません。ですが、このゲームアプリは無料です。なぜかというと、課金で収益するシステムだからです。
 課金するかどうかは、プレイする側が選べます。面白くなければ、すぐにアンインストールすればよいわけです。
 現に、私はすでに半年以上プレイしていますが、未だに課金の経験はありません。ですが、課金をしなくてもとても楽しくプレイできています。
 なので、もし興味があれば、プレイしてみてください。日本が生み出したパズル&ファンタジーが、あなたをとても素敵な世界にいざないます。

スポンサーリンク
匿名ライター
ライター

匿名ライター

匿名ライターです。複数名おります。

新着記事


スポンサーリンク